【知らなかった】モンステラの毒性と育て方

おすすめ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

モンステラ

我が家にあるモンステラ

100均で買ってきたときには、小さい葉が2枚ほど・・・

初めは2,3枚の葉が出てきても

モンステラ特有の切れている葉が出てこなかった💧

今では大きな葉が4枚ほどに成長しました。

もちろんキレイに切れた葉です。

そろそろ一回り大きな鉢に移そうかと。

【知らなかった】モンステラの風水効果で運気アップ

モンステラの注意点

モンステラの樹液には毒性のある物質が含まれているそうです。

これ、全然知らなかった💦

葉を切った際に樹液が皮膚や粘膜につかないように注意すること。

もしも付着してしまった時は流水でよく流します。

ペットや小さいお子様がいる場合絶対になめないように気をつけましょう。

普通の葉のように気にせずに切っていました( ̄▽ ̄)

気をつけないといけませんね💦

▼茎挿しと茎伏せに便利なアイテム

モンステラの剪定方法

モンステラの剪定方法はどのようにするのでしょう。

最初の方の小さい葉は、枯れてきたように黄色くなってきたので根本付近から切っていました。

これでよかったようです。

古くなってきた葉や邪魔な葉を、葉の付け根から切るだけ。

シンプルですねぇ

そしてモンステラを増やすには茎の部分を土や水に入れることで増やすことができます。

「茎挿し」と「茎伏せ」という方法

  • 節を残して茎を切り分ける
  • 気根が生える上の部分で切ります
  • 葉がついていると葉から水分が出ることによって茎が乾燥しやすくなるためすべて切り落とす。

ここまでは同じ工程です。

ここからやり方がちょっと違います。

「茎挿し」は、切り取った茎を土の上に植え込むだけ

新しい気根が付いている場合は茎挿しがオススメ

6~7月が敵期。秋・冬は休眠してしまうので行わない

「茎伏せ」は、土や水苔に切り取った茎を平らにおいて発根させるというやり方。

5~6月が敵期。気温が15~25℃程度の時に行うといい

まとめ

耐陰性があるので屋内でも大丈夫なモンステラ

直射日光を当ててしまうと刺激が強すぎて葉焼けを起こしてしまうので

レースのカーテン越し程度の日光をあてるといいようです。

水やりは土の表面が乾いたらたっぷりとします

▼水やりにオススメグッズ

気温が低くなると生長がストップするので水やりは1~2週間に1度

古い葉が枯れても暖かくなってきたら新葉が出てくるようです。

夏の水やりは土の表面が乾いたら夕方~夜にたっぷり与えます

午前中に与えると暑くなって煮えてしまうそうです。

私は毎朝、葉に霧吹きで水をかけていました( ̄▽ ̄)

これからは夕方にシフトしなくちゃ💦

お手入れは簡単なモンステラですが意外と知らないことが多かった

モンステラがあるだけでオシャレなお部屋になりますね。

今度は茎挿しをして楽しんでみようと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました