【秋の季語?】「ひぐらし」の鳴き声はどこか切なくて寂しくて儚い、夏の終わりを感じます

気になった事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ひぐらし

日が暮れる頃「ひぐらし」の鳴き声がしました。

セミの仲間で「ひぐらし」というセミを知っていますか?

セミの一種で透明感のある羽根が特徴

「ジリジリ・・・」となくアブラゼミ(50~60mm)よりも小さくて

オス 28~38mm

メス 21~25mmほど

6月下旬頃から発生している「ひぐらし」ですが

「カナカナ・・・」と鳴く声がどこか寂し気で

夏の終わりを感じます

「ひぐらし」は何故か秋のイメージと思うのは私だけ?

なぜ秋のイメージなのか

ひぐらしの活動期は初夏~晩秋あたりまで

日の出前夕暮れから日の入りにかけて

「カナカナ」と鳴きます。

まだ薄明るい時や曇って薄暗くなったり

気温が下がったり林や森の中の薄暗い環境などでは日中でも鳴くそうです。

主に夕方の日暮れ時に鳴くということから、

「日を暮れさせるもの」

として、「ひぐらし」の和名がついたそうです。

何故秋のイメージなの?

俳句には季語がありますが、

初秋から二十四節気の<立秋>~<処暑>(8月7日頃~9月6日頃)

表現する季語になっています。

だからなのでしょうか。

すっかり秋のイメージ。

最後に

ひぐらしが鳴くと今年の夏も終わりかぁ。

と毎年思っていました。

何だかとっても寂しい儚げな鳴き声。

確かに山の方に行くと8月でも普通にひぐらしが鳴いていたのを思い出しました💦

ミンミンゼミやアブラゼミの鳴き声にかき消されてしまうのかな?

とはいえ、秋の季語にも使われているくらいだから

夏の終わりを告げる「ひぐらし」ということでいいのかな?

十五夜も終わり、ひぐらしの鳴き声が聞こえてきたということで

ようやく秋の季節到来ですね。

最後まで読んでくださりありがとうございます。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました