【気になる!】東京三大どら焼きって?美味しいどら焼きを食べたくなる

スイーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どら焼き

Instagramでふと目にしたどら焼き

「行列に並んで買いました」というもの。

並んでまで買うって、そんなに美味しいの?

美味しいからみんな買っているんだよね💦

甘いもの好きにはちょっと気になる( *´艸`)

どうやら東京3大どら焼きのひとつらしい。

そういえば聞いたことがあるような・・・

こういうのってその時の「気になるタイミング」があるんです。

いつもだったらスルーしてしまうのに、

その時はなぜか気になる

東京三大どら焼き

亀十

Instagramでみたのは

浅草の亀十さんのどら焼き

しっとりフワフワの生地につぶあんと白あんの2種類。

職人さんが手焼きするどら焼きで生地がパンケーキのようだというのです。

これは食べてみたくなります。

1個 361円(税込)

賞味期限 3日

うさぎや

上野 うさぎや

こちらのどら焼きはつぶあんでしっとりした生地が美味しい

東京三大どら焼きだとは知らずにお土産でいただいたことがありました。

1個 240円(税込)  

賞味期限 2日間

黒松本舗 草月

こちらのどら焼きは「黒松」

黒糖を使った生地で皮の中まで茶色っぽく独特の焼き目が特徴

1個 150円(税込162円)

賞味期限 製造日から2~3日(気温が高くなる夏)

     製造日から4~5日(気温が低い冬)暗いといいます

いずれも2022年12月現在の情報です

最後に

ふと目にした亀十のどら焼き

東京には三大どら焼きというものがあって

どれも美味しそう。

うさぎやさんのどら焼きを食べた時は、

また食べたい!

と思ったくらい美味しかったので

今度は亀十さんと草月さんのどら焼きを食べてみたくなりました。

気になった時がタイミング!

最後まで読んでくださりありがとうございます

コメント

タイトルとURLをコピーしました