【知らなかった】文章を書くのが苦手な原因は?分かりやすい文章を書くにはコツがあった!

気になった事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

文章を書くのが苦手

今日、富有柿が郵送で届きました。

送ってくれた方にお礼状を書かなくては・・・

とは言っても文章を書くのが苦手です💦

先方はとっても文章の上手な方です。

( ´Д`)=3 フゥ文章をうまくかける方がうらやましい

とは言ってもお礼状は書かなくてはなりません。

気持ちがこもっていればいいと思いますが、

少しでも気の利いた言葉で書きたいですよね。

文章を書けない理由は書くべき内容が分からないのではなく、

文章構成をどう整理すればいいのか分かっていないという事なんです。

そして文章には目的や形式に応じた「型」があり、それに当てはめて文章を作っていくというやり方が最もロジカルなやり方のようです。

ゴールデンサークル

「ゴールデンサークル」という考え方、知っていますか?

これはマーケティングコンサルタントのサイモン・シネック氏が提唱した理論です。

人に何かしらの情報を伝え、行動を促したいとき、

「Why(なぜ)・How(どのように)・What(なにを)」という構成要素が存在。

「Why」から始めることの重要性を説くものです。

人間は「Why」の部分が明確だと

物事を理解しやすいという性質を理解した型なんです。

「何をやるのか?」ではなく、「なぜそれをするのか?」といった

物事の本質を説明するためのフレームワークが特徴で、

多くの成功しているリーダーや組織はこの考えかたをもとに行動していると言われています。

分かりやすい文章の10大原則

分かりやすい文章には10大原則があります。

  1. 文章を短く
  2. 結論を最初に
  3. 主語と述語を近づける
  4. あいまい表現をしない
  5. 受け身表現をしない
  6. 句読点を分かりやすい位置に
  7. 接続詞を少なく
  8. ひらがなを多く
  9. カタカナを効果的に
  10. クドい文末にしない

これらの原則に気をつけて文章を書いてみると

いつもと違った分かりやすい文章になりそうですね。

自分のついやってしまいそうなクセを把握し、気をつけてみることが大切です。

最後に

御礼状のことから、ちょっとずれてしまいましたが、

「文章を書くにはコツがある」という事は分かってもらえたのではないでしょうか?

普段、深く考えないで文章を書いている、そんな気がします💦

「10大原則」や、「ゴールデンサークル」などを意識すれば

もっと気持ちの伝わる文章になるのではないのかと思いました。

最後まで読んでくださりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました